ロゴ
HOME>Review>仕事に対するストレスは物事の捉え方を変えることで気持ちが楽になる

仕事に対するストレスは物事の捉え方を変えることで気持ちが楽になる

男性

社会人になって知らず知らずのうちにストレスが溜まってしまうことがあるでしょう。きちんとストレス発散できるようにしておくことが大切ですが、どうしても辛いと感じたら心療内科に行くのも検討しましょう。  

この話題の口コミ

目先のことよりも前を見過ぎていたことが原因でした

昔は早く大人になって仕事をしてお金を稼いで好きなものをたくさん買いたい、そんな夢のような生活に憧れていました。しかし、その夢はなかなか実現できるものではないと働くようになってから実感しましたよ。営業の仕事をしていましたが、常に数字に支配されていて、気が休まる日がありませんでした。しかも、その日のことに集中するだけではなく、一週間後、一か月後、一年後を見据えた営業目標に常に支配されていて、ストレスばかり溜まっていったのです。このストレスから精神的におかしくなってきたので、心療内科にいってカウンセリングを受け治療を行ったところ、もっと気楽に過ごすこと、先を見すぎていたことがわかりました。先生のおかげで気持ちにゆとりがもてるようになり、楽になりました。
【20代|女性】

後回しにするのを止めたらスムーズに捗るようになった!

自分の性格上、仕事をする際、どんな仕事でも常に後回しにできるものは後回しにしていました。この流れで今まで仕事をしてきましたが、このスタイルが良くなかったようです。後回しにすること自体が自分にストレスを与えていたようで、睡眠障害に陥ることもあり、心療内科に行ってカウンセリング、そして治療してもらいました。先生に仕事の進め方等を説明したところ、後回しにするのが良くないということをアドバイスされ、試しに今できることはその日のうちにするようにしました。すると、睡眠障害から開放されて、気持ちよくすぐに眠れるようになりまして、良かったです。今振り返ってみると、自分の気の持ちようの部分が大きいなと感じましたね。
【20代|男性】